1. ホーム
  2. ボス戦攻略
  3. しんりゅう

しんりゅう

基本データ

ステータス

HP MP 攻撃 守備 素早 EXP G 落とすアイテム(確率)
7300 400 350 255 50000 0 -

呪文命中率

メラ系 ギラ系 イオ系 ヒャド系 バギ系 デイン系
A A A A A A
ザキ系 マヌーサ ラリホー マホトーン マホトラ メダパニ
- - - - - -

※A:ほぼ確実に効く、B:まずまず効く、C:あまり効かない、-:効かない

出現場所

注意すべき攻撃

1~2回行動
ランダムで2回行動してきます。
かみくだく
全体に約170ダメージ(守備力無視)を与えてきます。
のしかかる
全体に直接攻撃と同じダメージを与えてきます。
こごえるふぶき
全体に約120ダメージを与えてきます。
しゃくねつのほのお
全体に約160ダメージを与えてきます。
いてつくはどう
敵味方全体の補助呪文効果を消去します。
あやしいひとみ
単体を眠り状態にします(成功率100%・耐性無視)。
イオナズン
全体に約140ダメージを与えてきます。

攻略法

隠しダンジョンの最深部にいる究極のボス。ラスボスをはるかに上回るステータスと強力な攻撃方法を何種類も持ちます。一定ターン以内で倒せば願い事をかなえてくれますが、相応の実力と戦法がなければ倒すこと自体が困難です。

※願い事の内容についてはこちらを参照して下さい。

役立つ装備品

ふしぎなボレロ
消費MPが1/2+1になる鎧。ただし、SFC版では入手できるのは第5のすごろく場なので、最初はこの防具なしでしんりゅうを倒す必要があります。入手後は勇者に装備させてギガデインやベホマズンの使用回数を増やせます。スマホ版ではしんりゅう戦直前で拾って装備することができます。
ひかりのドレス
守備力+90に加えてイオナズンのダメージも減らせる女性専用防具。第4のすごろく場で入手できます。「しゃくねつのほのお」のダメージは減らせないのがネック。
ドラゴンローブ
守備力+80で「しゃくねつのほのお」のダメージを減らせます。「しんぴのビキニ」よりもこの防具を装備した方が有利に戦えます。

倒し方その1 : メラゾーマとギガデインで攻撃する

しんりゅうは最強の敵ですが、攻撃呪文への耐性がまったくないため、メラゾーマやギガデインで確実に大ダメージを与えることができます。メラゾーマを使えるキャラを2人以上、できれば3人用意し、勇者のギガデインとともに毎ターン使っていきましょう。ギガデインのダメージを200、メラゾーマのダメージを180とすれば、理論上は下表のターン数で倒せることになります。

1ターンで使う呪文 合計ダメージ 所要ターン
ギガデイン1回+メラゾーマ2回 約560 14ターン
ギガデイン1回+メラゾーマ3回 約740 10ターン

もちろん実際には回復もしなければならず、ギガデインを10回も使うのは「ふしぎなボレロ」を装備していても難しいでしょうが、25ターン以内で倒すのならばこの戦法で十分可能です。

目安として、勇者のレベルがまだ50くらいならば、勇者ともう1人が回復役になって「けんじゃのいし」を1ターンに2回使い、攻撃役2人(賢者や魔法使い)はメラゾーマを連発します。勇者は余裕のある時だけギガデインを使うようにします。「あやしいひとみ」で眠ってしまった場合はすぐにザメハで起こし、死亡者が出た時にザオリクが難しければ「せかいじゅのは」も使いましょう。

15ターン以内を目指すのであれば、勇者のMPを最低でも150以上にして「ふしぎなボレロ」を装備し、ギガデインを10回以上使えるようにすることが条件です。

倒し方その2 : 最強の攻撃力で2回攻撃する

物理攻撃メインで倒すのならば、次の準備をします。

「はやぶさのけん」を装備した2人がモシャスで勇者に変身し、「はかいのてっきゅう」の攻撃力で2回攻撃できるようにします。この2人にバイキルトをかければ凄まじいダメージ量になります。勇者は「けんじゃのいし」で回復するかギガデインで攻撃、残る1人もバイキルトをかけ終わったら「けんじゃのいし」で回復するかメラゾーマで攻撃します。しんりゅうが「いてつくはどう」を使ってきたら再びモシャスとバイキルトを使います。もしバイキルトを1ターンで2回使いたいなら、勇者をルイーダの酒場に預け、代わりに攻撃力を十分に上げた盗賊などに「はかいのてっきゅう」を持たせ、かつバイキルトを習得させておくとよいでしょう。

この戦法を使うには、転職を重ねて呪文を習得し、MPも十分に上げる必要があります。そこまでしても、しんりゅうが「いてつくはどう」や「あやしいひとみ」を頻繁に使ってくることもあり、15ターン以内に倒すのは至難の業と言えます。Wii版やスマホ版ならばしんりゅうと戦う直前で中断セーブし、成功するまで何回も挑戦しましょう。